令和2年度石狩市表彰に石狩太鼓同好会が教育文化功労章受賞

石狩太鼓同好会(代表:中村武史氏)は、昭和50年大のカムバックサーモン運動に呼応し、昭和54年8月に、当時の石狩町役場職員や青年団員が中心となり設立。会員数は25名。現在は青年団O Bメンバーを中心に、太鼓に親しんでいらっしゃいます。

・創立以来、青年団メンバーは全国青年大会へ北海道代表として4度出場し、平成3年の第40回全国青年大会では、創作芸能の部で最優秀に輝いています。 ・平成元年には、カナダ・キャンベルリバー市へ、平成12年には中国彭州市を訪れ文化交流を行ないました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

文化講座「篆刻」開催